真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。 | 日記 | 残った歯の本数と肺炎死の関係とは

真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。

Top >  日記 > 残った歯の本数と肺炎死の関係とは

真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。 の日記

残った歯の本数と肺炎死の関係とは

2018.04.16

 研究者は、20012006年のデータ(親知らず以外の失った歯の数、生活習慣、健康状態についてのアンケート調査、19775人、51.4±11.7歳、男性92.0%)をこのコホート研究から入手し、肺炎による死亡率との関連を調べた。根管治療機器    ハザード比(HR)は、性別、年齢、BMI、喫煙状況、運動、糖尿病履を調整して出した。また咀嚼力減退による影響をなくすため、誤嚥性肺炎による死亡は除いている。経過観察期間の9.5年(中央値)の間の肺炎による死亡者は68名だった。歯科技工用技工機器    その結果、歯を失う本数に応じて肺炎の死亡リスクが有意に上がることがわかったという。全ての歯を失った人は半分まで(014本)しか失っていない人に比べ2.07倍のリスクがあり、1527本の歯を失った人の場合は同じく1.60倍のリスクがあることがわかった。これを1本あたりのリスクに換算すると1.031倍となり、失う歯の本数が増えるほど肺炎死のリスクも上がるようだ。    なぜ歯を失うと肺炎になるのだろうか。研究者は、歯周病による炎症により肺炎が引き起こされやすくなるのではないか、歯周病菌とその酵素が肺の組織に何らかの悪さをするのではないか、歯を失ったことで咀嚼力が落ち、栄養不足になったことが影響しているのではないかなど、いくつかの原因を考えている。    歯を失う原因は歯周病だけではないが、高齢になってもなるべく多くの歯を残しておきたい。若いうちからオーラルケアに気をつけておけば、年をとっても自分の歯で食事を楽しむことができ、それは栄養摂取も含めて様々な病気のリスクを下げるはずだ。



https://ameblo.jp/luccye/entry-12368064482.html

日記一覧へ戻る

【PR】  池袋駅近 ボイストレーニング、カラオケ、声楽、ミュージカル、K-POP、ピアノ レッスン♪ジャパンONOミュージックアカデミー  小松屋 うなぎと佃煮 創業大正五年 (茨城県土浦市)   行政書士 うわとこ法務事務所  リヴィタップときわ台・板橋区 フィットネス・ヨガ・ピラティス・加圧  shoe repair ROOST