真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。 | 日記 | かかりつけ歯科医について

真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。

Top >  日記 > かかりつけ歯科医について

真空成型器などの各種歯科器材・技工商品の販売を行っています。 の日記

かかりつけ歯科医について

2018.05.11

近年、歯科医療に対する国民や患者のニーズは多様化し、歯科医療に関する様々な情報がメディアなどを通じて提供され、国民や患者が歯科医療機関を選ぶ際の選択肢は拡がっている。こうした中で乳幼児期から高齢期まで自分の口で食べ・話し・笑うことは国民共通の目標でもある。根管治療機器   生涯を通じて口腔の健康を維持するために、継続的に適切な治療や管理を提供し、いつでも相談に応じてくれる身近なかかりつけの歯科医師がいることは健康寿命の延伸に資することになる。   日本歯科医師会はそうした「かかりつけ歯科医」の意義とその役割を明確に示すものである。歯科技工用技工機器   かかりつけ歯科医とは かかりつけ歯科医とは、安全・安心な歯科医療の提供のみならず医療・介護に係る幅広い知識と見識を備え、地域住民の生涯に亘る口腔機能の維持・向上をめざし、地域医療の一翼を担う者としてその責任を果たすことができる歯科医師をいう。   かかりつけ歯科医が担う役割 患者の乳幼児期から高齢期までのライフステージに応じた継続管理や重症化予防のための適切な歯科医療の提供および保健指導を行い、口腔や全身の健康の維持増進に寄与すること。   また、地域の中では、住民のために行政や関係する各団体と共に歯科健診などの保健活動等を通じ口腔保健向上の役割を担い、地域の関係機関や他職種と連携し、通院が困難な患者にさまざまな療養の場で切れ目のない在宅歯科医療や介護サービスを提供するとともに、地域包括ケアに参画することなどがかかりつけ歯科医の役割である。



https://ameblo.jp/luccye/entry-12374907420.html

日記一覧へ戻る

【PR】  ハローストレージ豊明  お食事処 だるく亭  アイギスFPコンサルティング株式会社  アジアの少数民族雑貨 旅する雑貨屋ゆいゆい堂 京都店  ハウジング重兵衛 佐原店